編集
 2018年
12月
 1
さ藤とよライブ Part.6 弾いて・唄って・トークして!!
 2
第25回賢順記念全国筝曲祭
 3  4  5  6  7  8
遠TONE音 30th Anniversary Concert in Yamaguchi
高瀬仙山師永年開軒55年表彰&橋本岳人山師還暦 『祝賀演奏会』
金沢大学琴尺八部第49回定期演奏会
 9 10 11 12 13 14 15
邦楽の新たな地平
16
新鋭競演(福島公演)
17 18 19 20 21 22
奥田敦也 古典尺八演奏会 〜生音で聴く地無し延べ管尺八〜
23 天皇誕生日 24 振替休日
ウエノヒロコ箏コンサート
25 26 27 28 29
30 31
 2018年12月1日(土)  さ藤とよライブ Part.6 弾いて・唄って・トークして!!
1回目:13:00開演(12:30開場)
2回目:18:00開演(17:30開場)
入場料:前売り2,000円/当日2,500円
開場:南蔵院/東京都板橋区蓮沼町48-8
プログラム:【前半】長唄合方メドレー・酒と女は・蛇山・づぼらん・品川甚句・二上り角力甚句・荒城の月・竹田の子守唄・越中小原節・南部牛追い唄・ソーラン節 【後半】人生流れ星・情炎・フォークソング曲集・コンドルは飛んでゆく・涙そうそう・風雪流れ旅・リンゴ追分・人生一路 他
出演者:さ藤とよ(Vocal & 三味線 & ギター)/山本ゆきの(唄・三味線)/島村聖香(邦楽囃子)/米谷和修(尺八・笛) 友情出演:浜崎容子(胡弓)
チケット申し込み・お問い合せ:さ組 TEL03-3935-3625
▲top
 2018年12月2日(日)  第25回賢順記念全国筝曲祭
とき 平成30年12月2日(日)
会場 石橋文化ホール 福岡県久留米市野中町1015石橋文化センター内
入場料 800円(全席自由)高校生以下無料
主催 一般社団法人賢順記念全国筝曲祭振興会
問い合わせ 一般社団法人賢順記念全国筝曲祭振興会事務局TEL/FAX0942-65-3075
E-mail soukyoku@ktarn.or.jp
▲top
 2018年12月8日(土)  遠TONE音 30th Anniversary Concert in Yamaguchi
遠TONE音 30th Anniversary Concert in Yamaguchi

■日程:2018年12月8日(土)

■場所:山口県教育会館ホール
[山口市大手町2-18]

■時間:開場13:30/開演14:00
■料金:一般2,500円/学生2,000円(税込み、全自由席)

−心のふる里、北海道と共に−

●主催・お問い合わせ:遠TONE音project(テイク・ワン) 03-3480-6710
●後援:山口市/山口市教育委員会/山口文化協会
▲top
 2018年12月8日(土)  高瀬仙山師永年開軒55年表彰&橋本岳人山師還暦 『祝賀演奏会』
高瀬仙山師永年開軒55年表彰&橋本岳人山師還暦
『祝賀演奏会』
〜これまでの邦楽、そして未だ誰も聞いたことのない音楽の世界へ〜
(場所)松山市民会館中ホール
(時間)18:00開場 18:30開演
(演奏)高瀬仙山一門、雅岳会有志、酒井雅楽保と清の糸道有志、白方岳、烏谷季王山
(司会)戒田節子
(音楽監督)橋本岳人山
(お問い合わせ)雅岳会 gakujinn@is7.so.net.ne.jp 090-8799-1768
▲top
 2018年12月8日(土)  金沢大学琴尺八部第49回定期演奏会
日時 12月8日 17時開場18時開演
場所 石川県立音楽堂邦楽ホール
入場無料
曲目

六段の調
青葉之賦
冬の曲
海鳴り
明鏡
SAKURA

金沢大学琴尺八部では筝、三絃、尺八を演奏しています。大学に入って初めて和楽器に触れたという部員がほとんどですが、それぞれ練習に励んでいます。1年間の集大成を是非お聞きください。
Facebookのイベントページでは演奏曲の紹介や意気込みを投稿しています。こちらもどうぞご覧下さい。
https://www.facebook.com/events/252592025428835/?ti=cl
▲top
 2018年12月15日(土)  邦楽の新たな地平
開演 / 14:00(開場 / 13:30)

会場 / トッパンホール(文京区水道1-3-3)

入場料 / 4,000円(全席自由席)

お問合せ / 050-5326-2336(邦楽Ensembie21)
▲top
 2018年12月16日(日)  新鋭競演(福島公演)
NHK Eテレ「にっぽんの芸能」出演記念コンサート『新鋭競演』
権威あるコンクールにて最優秀賞(1位)を初めとする数々の賞を受賞した若手舞踊家・若手和楽器奏者によるメモリアル・コンサート!
有数のコンクールで最高賞を受賞し、全国各地で活躍する新鋭の若手舞踊家と若手和楽器奏者が、NHK Eテレ「にっぽんの芸能」の出演をきっかけに競演!
出演は、筝男Kotomen 大川義秋、日本舞踊の若き家元 若見匠祐助、琉球の風 池間北斗、尺八製作職人 大萩康喜。
日本一の栄冠に輝いた演技をさらに練り上げて、今回限りのスペシャルステージを送る。
古典を愛する思い、新しい和の音楽を追及する思い、さまざまな思いが一つになるこのステージを皆さまに。
(場所)相馬市市民会館多目的ホール
(時間)13:30開場 14:00開演
(出演)大萩康喜(尺八)、大川義秋(筝)
(料金)一般2500円、学割2000円(全席自由・当日券あり)
(お問い合わせ)http//www.kotomen.com/live-info
(チケットお申込み)ネット予約・購入 http//kotomen.base.shop/info
          電話予約・購入 090-6885-3060(担当:大萩)
(他の公演)11/18東京公演 11/24大阪公演 12/16福島公演
▲top
 2018年12月22日(土)  奥田敦也 古典尺八演奏会 〜生音で聴く地無し延べ管尺八〜
 江戸時代の虚無僧たちが吹いていた尺八は、どのような音色だったのでしょうか?
 それは、地無し延べ管(じなしのべかん)尺八の音色です。

 「地無し延べ管尺八」とは、管の内部に砥の粉(とのこ)等の地を塗って加工した明治以降の近・現代の尺八とは異なり、竹の節をくりぬいて孔を開けたままの、自然に近い、竹本来の響きを活かした尺八のことです。
 この「地無し延べ管尺八」の第一人者であり、尺八古典本曲の教授所である「禅茶房」を主宰する奥田敦也先生の尺八演奏会を開催致します。

『奥田敦也 古典尺八演奏会 〜生音で聴く地無し延べ管尺八〜』
・開催日時:平成30(2018)年12月22日(土)18:00開場 18:30開演
・会場:カーサ・モーツァルト
    東京都渋谷区神宮前1-10-23 3F
    https://casamoz.org/access.html
    東京メトロ「明治神宮前駅」出口5から徒歩2分
    JR「原宿駅」表参道口から徒歩5分          
・入場料:2,000円(会場受付で現金でお支払いください。)
・ご予約方法:yoyaku181222@gmail.com へ、
       氏名・フリガナ・予約人数をメールしてください。

 *席数に限りがありますので、お早めにご予約をお願い致します。
 *就学前の乳幼児の入場はご遠慮ください。

 江戸時代に虚無僧尺八「古典本曲」としてひとつの完成を見た日本の尺八(音楽)は、中世期から江戸時代にかけて、「ぼろ」と呼ばれた流浪の乞食僧や薦僧(こもそう)、仕官先を失った浪人で半僧反俗の虚無僧たちによって生み出され吹き継がれてきた日本固有の(音楽)です。
 (音楽)とカッコ付きで記すのは、江戸時代まで尺八(音楽)は音楽ではなく、禅宗の一派であると主張し江戸幕府から容認されていた「普化宗」において、尺八を吹くことは修行であり読経に類する行為、即ち「吹禅(すいぜん)」とみなされていたからです。

 虚無僧の中には愚連隊のような狼藉者も多くいたようですが、一部の虚無僧が吹禅を追究し続けた証として、今日まで150曲以上の「古典本曲」が伝承されています。権力者や富裕層の娯楽や暇つぶしではなく、中世期から江戸時代にかけて、飢餓と貧困と戦乱の地の底から生まれてきた古典本曲は、近代以前に創られた作者不詳の表現主義芸術とでも言うべき、世界音楽史においても類を見ないと思われる独自の完成度に到達しています。

 そして、虚無僧が吹いた「地無し延べ管尺八」で、比類なき技量と哲学をもって古典本曲を追究されてきたのが奥田敦也先生です。
 奥田先生は生音主義で録音には消極的であるため、これまで市販されたCDは『禅の音 地無し延べ長管尺八』他、数枚であり、この度の演奏会は、奥田先生の古典本曲の独奏を生音で聴く貴重な機会となります。曲目は、奥田先生が演奏会の場で決められます。  
 半世紀にわたる吹禅の追究と自作の地無し延べ管尺八によって生み出される古典本曲の深遠なる「禅の音」の世界をご堪能ください。
▲top
 2018年12月24日(月)  ウエノヒロコ箏コンサート
2018年12月24日(月祝)
三種の箏が響く 現代音楽のひととき

日時:2018年12月24日(月祝)14:00
会場:ふきのとうホール(札幌市中央区)
   http://www.rokkatei.co.jp/fukinoto/

料金:前売2,000円/当日2,500円

お問い合わせ:011-736-4807(上野)

出演:上野浩子
ゲスト:奥田徹

曲目:黙示〈石桁真礼生〉/ 魂招琴〈佐藤聡明〉
   Santa Maria amar へのオマージュ〈高橋久美子〉
   完絃秘抄〈肥後一郎〉
▲top